RAIDには種類があるけどそれぞれの違いは?

RAIDとは、複数のHDDを組み合わせて1つのディスク(アレイ)として利用する機能のことで、基本的に0〜6の7種類が定義されている。このうち RAID 2と3はその仕組みが複雑なことからサポートする市販製品はほとんどない。RAID 4と6はRAID 5に近い仕組みとなっているが、パフォーマンス面などの問題からやはり対応製品が少ない。

RAID 0は、一般にストライピングとも呼ばれる。2台以上の同容量のHDDを組み合わせて、データはすべてのHDDに均等に分割して同時に書き込まれる。アレイ の容量は、組み合わせたHDDの合計だ。他のRAlDでは耐障害性が高まるが、RAID 0は.単純に複数台のHDDにデータを分散しているだけなので、1台のHDDが故障すればすべてのデータが正常に読み出せなくなってしまう。メリットは読 み書き速度が向上することだ。ただ、最近のHDDは高速なため、 RAID 0が必要な状況は少ないだろう。

RAID 1は一般にミラーリングと呼ばれ、2台の同容量のHDDを組み合わせて、それぞれに同じデータが書き込まれる。アレイとしての容量はHDD1台分にしかな らないが、どちらか一方が故障してもデータは失われない。読み書き速度はHDDを単体利用する場合とほぼ同じで、パフォーマンス面でのメリットはない。

RAID 5は、仕組みはRAID 0に近く、3台以上の同容量のHDDを組み合わせて、データは複数のHDDに分散して書き込まれる。RAlD 0との違いは「組み合わせたHDD数-1台」のHDDに対してデータを分散して書き込み、残りの1台には分散したデータのパリティデータを書くことだ。こ のため、組み合わせたHDDのうち1台が故障しても、パリティデータを組み合わせることで正常なデータ読み出しが可能だ。故障したHDDを正常なHDDに 入れ替えてリビルドという作業を実行すれば、故障したHDDの内容を復元することもできる。

パリティデータは特定の HDDに書き込むので RAID 0はなく、組み合わせたHDD内でローテーションする形で均一に分散して書き込まれる。というのも、小さなデータを書き込む場合には実データは1台の HDDに書き込むだけで済む場合があるが、パリティデータは必ず書き込みが必要になる。つまりパリティデータを特定のHDDに書き込むようにしていると、 書き込みが1台のHDDに集中してしまう可能性があるのだ。なおRAID 5はRAID 0に近い仕組みと述べたが、読み出し性能はともかく、書き込み時には非常に処理が複雑なので、速度的には単体HDDよりも遅くなる場合が多い。

RAID 10(RAID 1+0)は、 RAID 1とRAID 0を組み合わせてアレイを構築することを指す。RAID 1のアレイを複数台組み合わせてRAID 0のアレイとすれば、耐障害性を高めつつパフォーマンスも向上できる。RAlD 1として組み合わされたHDDの両方が壊れない限り、正常にデータの読み書きを行うことが可能だ。

面白いアイテム

参考サイト

△TOPへ戻る